読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「普段着のくらし」から

「あの時」を思い出す為、私の大切な備忘録

父の散髪 & 渋皮煮

普段着のくらし 料理は苦手

久しぶりに父は床屋さんへ

体調や天気に左右される為、中々行くことが出来ません。

店主が「間隔が空いても良いように」と少し短めにしてくれました。

いつもは白髪で隠れる黒髪はマジックでいたずら書きをしたよう。。。

 

帰りは商店街で買物。

商店街のはずれにある八百屋のオジサンが「久しぶりだなぁ~。一年ぶりくらいか???」と声を掛けてくれました。

父が一人で買い物に来た頃、よくおまけをしてくれました。

お昼頃には店じまい。

人気の八百屋さんです。

 

以前にも書いた気がしますが、平たんに見える道路も両脇は緩やかに傾斜、車椅子を真っ直ぐに押すのも大変です。

また少し腰を痛めてしまいました。

 

本当は友人の写真展へ行こうと思ったのだけれど、明日以降に。

 

f:id:sweetplum2013:20151021114733j:plain

少し前に作った栗の渋皮煮。

きょうの料理」から大好きな野口日出子さんのレシピ。

 

蜜が栗に浸み込むよう縫い針で穴をあけておられましたが、その手間は省略。

日を置いたので蜜はしっかり栗の中へ。

美味し~い。