「普段着のくらし」から

「あの時」を思い出す為、私の大切な備忘録

下賀茂茶寮

f:id:sweetplum2013:20151202205052j:plainf:id:sweetplum2013:20151202205101j:plain

通されたのは雪見障子から庭が見える部屋。

次の間には実篤の絵がさりげなく掛かっていました。

季節がらユリ根の画です。

f:id:sweetplum2013:20151202205210j:plain

そして主室に掛かっていたのは大覚寺の和尚筆の掛け軸。

「閑座聴松風」・・・かんざして、しょうふうをきく

禅語で、一人静かに座し松林を抜ける風を聴く(無我の境地)

お茶花は何だったか???

 

f:id:sweetplum2013:20151202182440j:plain

お品書き

《個室でしたので、許可を得て写真を撮りました。》

f:id:sweetplum2013:20151202190937j:plain

f:id:sweetplum2013:20151202191710j:plain

f:id:sweetplum2013:20151202192736j:plain

f:id:sweetplum2013:20151202193707j:plain

f:id:sweetplum2013:20151202194922j:plain

f:id:sweetplum2013:20151202200610j:plain

形が悪いのはお箸を・・・。(汗)

食べる前だったので一応撮りました。

f:id:sweetplum2013:20151202202310j:plain

f:id:sweetplum2013:20151202203534j:plain

お釜ごと出て来たご飯は一口だけお茶碗に。

「あなただけの為に炊きました。」は日本らしいおもてなし。

その後、牛丼、湯葉餡かけ、鯛茶漬けからお好みの一品を。

f:id:sweetplum2013:20151202204820j:plain

夫の選んだ牛丼のような?。本当は鯛茶漬けを選んで欲しかった・・・。

f:id:sweetplum2013:20151202204640j:plain

湯葉餡かけ

f:id:sweetplum2013:20151202205658j:plain

水菓子を乗せた葉がとても鮮やか

f:id:sweetplum2013:20151202210325j:plain

和洋折衷のお菓子

f:id:sweetplum2013:20151202210927j:plain

f:id:sweetplum2013:20151202195124j:plain

冷酒。

器はどれも綺麗でしたが、この打ち出しの器はとてもエレガント!

f:id:sweetplum2013:20151202205359j:plain

明るさの関係で室内も映ってしまいました。

伝統に則ったお料理でしたが、とてもカジュアルな感じがしました。

f:id:sweetplum2013:20151204143857j:plain

お土産に頂いた粉醤油

広告を非表示にする