「普段着のくらし」から

「あの時」を思い出す為、私の大切な備忘録

小平霊園

半年ぶりに友人Eのお墓参り。

一緒に行った友人とお墓の場所がわからず右往左往。

お互いに覚えていると思っていて・・・。

結局夫に電話をしてお墓の場所を確認。

小平霊園は広すぎる。(汗)

 

そしてお墓にたどり着き荷物を置いて「あれっ!」

花束をどこかに落としてしまい手に持っていたのは外装紙だけ。

あわてて来た道を確認しながら探す始末。

大坂のおばちゃん(友人)と一緒だとなぜか私の粗忽さが花開く(?)

お墓を綺麗にし、一安心。

霊園内は清掃が行き届き、友人もゆっくり眠っていることだろうと来る度に思う。

 

f:id:sweetplum2013:20130617133507j:plain

お昼は東村山近くの韓国料理店で。

韓国人の経営で、韓国大好きの友人はお店で韓国語を話すのが楽しみな様子。

日本人が苦手な韓国語の発音も綺麗とほめられご満悦。

他にお客さんもいなかったのでランチタイム終了間際までお店の人とプチ文化交流。

因みに私は韓国のドラマも見ないし、歌手もわからない。

勿論韓国語は出来ません。

でも、美味しいものには引き寄せられてしまう。(笑)

 

また来ようね!

って友人のお墓参りのことか、韓国料理店のことか?

いずれにしろ、こんな機会を残してくれた友人Eに感謝。

広告を非表示にする