「普段着のくらし」から

「あの時」を思い出す為、私の大切な備忘録

大人げない

図書館で本を見ていたら、突然カウンターで中年男性が声を荒げました。
「そんな不機嫌そうに応対するな!」
のような罵詈雑言を散々受付の女性に浴びせ終いには
「辞めたらどうだ!」ですって。

女性の態度が気に入らなかったことは確かです。
でも私、十数分前にその女性に本を返却しましたが不遜な態度ではありませんでした。
本の更新を申し出たところ「申し訳ありませんが、カードを・・・。」と一言添えて更新の手続きをして下さいました。
そんな人が怒鳴られるような態度をとったとは思えません。

男性は余程はらの虫の居所が悪かったのでしょう。
それを受付の女性にぶつけたのだと私は思います。

態度が悪ければ、女性にだけそっと話せば良いし、諭せばよいでしょう。
女性は反論さえできませんでした。
このご時世、こんな高圧的は男性に久しぶりに出会いました。

この男性、会社の女性や家族にもこのような態度をとるのかしら?
そうだとしたら周りの方はお気の毒。

それよりこの男性はまた図書館に来るのでしょうか。
普通なら気まずくて来れないと思うのだけれど・・・。

図書館からの帰り悶々とした気分になりました

受付の女性、今日は悔しい気持ちで一杯だと思います。
辞めないで仕事を続けてね。

追記 この日記を書いて2か月が経ちました。

   その間何回か図書館に行きましたが彼女には一度も会っていません。

   配置換えになったのかお辞めになられたのか?

   何れにしろ言葉には気を付けないと!

家に帰り夫に話しました。
夫は笑いながら「自分のストレス発散のために理不尽なクレームをつける人間は多いよ。」と。


昨年、佐渡・花の木に泊まった折朝食に出た茗荷の味噌漬け。
美味しかったので真似をしました。
一か月は経っていると思います。
お味噌に漬けただけですが美味です。

この画像、本日ブログをお読みいただいた方へのお口直しになりましたでしょうか?

広告を非表示にする